Artists

クロード・モネ
Claude Monet

1840年生-1926年没。印象派を代表するフランスの画家。
現代では極めて人気のある「印象派」だが、そもそもは美術アカデミーの評価する作品しか出品機会を得られないサロン展に反発する若い芸術家たちのグループであった。
1874年の第1回印象派展(画家、彫刻家、版画家などの美術家による共同出資会社第1回展)で展示されたモネの《印象・日の出》を評論家が揶揄したことが「印象派」の名の由来となった。
モネは、同一モチーフを光や色彩あるいは構図を変えて「連作」として何度も描いている。「積みわら」「ルーアン大聖堂」や晩年の「睡蓮」などがその例であり、朝・昼・夕方などの光の変化を深く追求している。
日本の実業家・松方幸次郎はモネを度々訪ね、大量にその作品を購入している。その収集作品群は「松方コレクション」として知られ、現在では国立西洋美術館やアーティゾン美術館にその一部が収蔵されている。
クロード・モネ
株式会社アフロのアフロ モール(Aflo Mall)は、フォント・書体のダウンロード、グリーティングカードのダウンロード、年賀状デザインのダウンロードと年賀状印刷、
写真をインテリアに、額縁・額装など写真を飾るサービスやデザインの素材やツールを販売するサイトです
※被写体を説明するキャプション等の正確性には最大限の注意を払っておりますが、ご使用の際はお客様の方でも誤りがないかを再度ご確認ください。
※本ウェブサイトに掲載全てのコンテンツは著作権法により保護されています。コンテンツの使用には料金が発生します。